なぜ、副作用も認められず健康保険も使えるがん治療が普及しないのか?(ハイパーサーミア治療の可能性を探る)

日本では2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなると言われています。

がんというと、手術や抗がん剤治療、そして放射線治療を思い浮かべる人が多いかと思います。

しかし、ご存じでしたか?

実は副作用も認められず、健康保険も使える第四のがん治療があります。これは世界の中でも日本が最先端をいく治療法と言っても過言ではありません。

これは、がん細胞を42度から44度の範囲で温めることで死滅する特性を活かした治療法です。

温熱療法、ハイパーサーミア治療の第一人者である近藤先生を招き、こんなお話を伺いました…

________
<レッスン1>
 □温熱療法、ハイパーサーミア の言葉の定義
 □200年前に 注目された がんの特性とは?
 □100年前の がんへのワクチン療法とは?
 □日本の免疫療法の曙とは?
 □当時の巨大な肝臓癌の挑戦的治療
 □当時の転移性肝癌の 挑戦的治療
 □ハイパーサーミア が健康保険の認可が下りた経緯
________
<レッスン2>
 □ハイパーサーミア の副作用とは?
 □近藤先生の ハイパーサーミア のご経験
  39歳女性の乳がんの患者さん
  56歳男性 中咽頭がんの患者さん
  67歳男性 下部直腸がんの患者さん
 □ハイパーサーミア は効きますか?
 □近藤先生の 温熱療法の 第一の目標とは?
________
<レッスン3>
 □近藤先生のクリニックの患者数
 □近藤先生のがんを克服していく青写真
 □がん治療に対して 国の腰が重い理由
 □厚生労働省が 動く時とはどのような時か?
 □加藤が感じるがん治療に対しての保険診療の弱点
 □免疫と温度の関係
 □熱に弱いがん細胞の熱からの防御態勢
________
<レッスン4>
 □脳腫瘍とハイパーサーミアの可能性
 □間質性肺炎とハイパーサーミア
 □近藤先生が提唱する 前向きの 緩和医療とは?
 □ハイパーサーミアが 普及しない理由とは?
 □ハイパーサーミアで 治療中 火傷する可能性があるか?
 □変形性膝関節炎と ハイパーサーミア の可能性
_______

ハイパーサーミア治療を知ることで、がん治療に対する見方がきっと変わるでしょう。

ぜひ、知っておいてほしいと思います。

なぜ、副作用も認められず健康保険も使えるがん治療が普及しないのか?(ハイパーサーミア治療の可能性を探る)

コースについて

カリキュラム

  • ハイパーサーミアの実際

    • ハイパーサーミア 治療が 健康保険適応になった経緯

      19:49
    • ハイパーサーミア 治療の第一の目標とは?

      13:12
    • 医療体制の矛盾を暴く

      19:31
    • ひろがるハイパーサーミアの可能性

      10:36

講師プロフィール

  • 近藤 元治

    プロフィール
    <千春会 HPより引用>

    私「近藤元治(こんどうもとはる)」は、昭和11年(1936年)生まれです。

    京都府立医大を昭和37年に卒業、母校の第3内科(増田正典教授)に入り内科医になりました。昭和44年~46年(1969~71年)にかけて米国ハーバード大学に留学し、まだ十分に知られていなかった免疫学の中の「補体学(Complement)」を勉強して帰国しました。

    昭和53年(1978年)に、思いもかけず京都府立医大第1内科の教授に選ばれました。41歳の新米教授は若い仲間たちと新しい教室造りに専念し、医学生教育、オールラウンドに疾患を扱える内科医師の養成に力を尽くすと共に、関連病院への医師派遣で地域医療に貢献しました。最近の流行は、早くから専門性を表示できる医師を育てることですが、それでは「病気を見て患者を診ず」と言われますように、心のこもった医療が出来るはずがありません。そういう意味で、私たちの京都府立医大旧第1内科は、理想の内科学教室だったとの評価を受けています。

    私は人一倍好奇心が強かったのでしょうか、免疫学をきっかけに各方面に研究の幅を広げました。その極めつけが「ハイパーサーミア(ガンの温熱療法)」との出会いで、肝臓ガンに対する「温熱化学塞栓療法」を確立して巨大な肝臓ガンを治癒に導いたことは今でも語り草になっています。

    一般の方への病気の啓蒙にも力を入れ、「ガン告知」「安楽死」「尊厳死」についての分かりやすい講演や、医学生・看護学生・高校生への「エイズ教育」などは、評判になっています。

    このたびご縁があり、京都府長岡京市の医療法人社団千春会(菊地孝三理事長)がJR長岡京の駅前に「千春会ハイパーサーミアクリニック」を平成22年1月に開設するにあたり院長として就任、ガンでお悩みの患者さんやご家族の応援団長として頑張るつもりです。

    趣味は今も続けているテニスとゴルフで、体を動かすことが私にとって健康の秘訣なのでしょう。若い頃には乗馬もしていましたが、最近は馬に接する機会がないのが残念です。室内ゲームでは囲碁が好きで、これはボケ防止に最適です。執筆活動も続けていて、これまでは医学に関する分かりやすいものが多かったのですが、最近出版しました『ドクとイカロスの翼』は、医学から脱皮した新しいジャンルのもので評判になっています。

     

    略歴
    松山東雲小学校 →松山城南中学校 →松山南高校(6期)→京都府立医科大学(昭和37年卒業)→京都府立医大で内科医にアメリカ・ハーバード大学に2年留学 →京都府立医大第1内科教授(41歳)→京都府立医大附属病院長 →平成12年定年退官。現在は京都府長岡京市の千春会ハイパーサーミアクリニック院長。

     

    <以上引用>

お申し込み

オンラインスクール 受講規約

本講義を受講される受講生は必ず以下の内容をご一読いただき、
それぞれの事項をご理解いただいたうえで受講のお申し込み下さい。
オンラインスクール利用にあたっては、以下の事項にご了解いただいているものといたします。

第1条 受講申込
本受講規約を同意のうえ受講申し込みを行った後、受講料等の入金が確認された時点で、申し込み完了と致します。
但し、過去に本受講規約に違反したことがある場合は申し込みを承諾しないことがあります。

第2条 受講料金支払いについて
受講料金の支払い方法は、PayPalとさせて頂きます。
お支払完了後、受講が可能になります。
初めてオンラインスクールを受講するときには、ログインIDとパスワードが発行されます。

第3条 ダウンロードデータについて
レッスンごとに資料をダウンロードすることができます。
なお、ダウンロードデータのないレッスンもあることを予めご了承ください。
データは二次加工、複製、配布を認めません。

第4条 登録内容変更について
氏名、メールアドレスなど登録内容に変更があった場合、速やかにお申し出下さい。

第5条 ご解約について
入金確認後は受講ご契約成立とみなし、いかなる理由があっても途中でのご解約はいたしかねます。
但し、以下のような行為があった場合は解約できるものとし、一切の返金は行いません。
① オンラインスクールにおいて、受講生に表示又は提供する一切の情報・教材・テスト・サービス内容等を転売、譲渡等した、またはしようとした場合
② 他の受講生や講師等に対しての迷惑行為、運営妨害行為、公序良俗に著しく反する行為を行った場合

第6条 ユーザ ID・パスワード
1)受講契約が成立後に、オンラインスクールの受講アドレスを発行致します。
受講生はオンラインスクールの利用にあたり発行された受講アドレスの使用ならびに管理について責任を持ち、
いかなる第三者にも貸与及び譲渡はできません。
また、いかなる理由であれ、これらが第三者に使用されたことにより 当該受講生に生じた損害については、当院は一切責任を負いません。
2)受講者は、ログイン情報を忘れた場合や盗用された場合は、速やかに当校にお申し出下さい。

第7条 個人情報の取扱いについて
本契約に際し当院が収集した個人情報に関しては、今後講座に関する資料の送付やお知らせ、
及びご案内のみに使用し、承諾なしに第三者への提供は行いません。

第8条 知的財産権について
オンラインスクールにおいて、受講生に表示又は提供する一切の情報・教材・テスト・サービス内容等については、
すべて著作権法上の保護対象となって いるため、受講生は事前に当校の書面による許諾なく、
非商業的かつ個人的な目的以外で複製、出版、翻訳、譲渡、貸与等を行うことはできません。

第9条 サービスの中断について
システムの保守メンテナンス又は障害・作動不良等が発生した場合等やむを得ない場合は、オンラインスクールの
サービスの提供を中断することがあります。なお、中断する場合はあらかじめその旨を受講生に通知します。
但し、緊急かつやむをえない場合はこの限りではありません。

第10条 サービス提供の中止
当校は、受講生がオンラインスクールを利用するにあたり、以下の各号の内容に該当する場合は、
当該受講生への事前通知なくして、オンラインスクールのサービスを中止することがあります。
① 第6条第1項及び第8条に該当することが判明した場合
② オンラインスクールを通じて表示または提供される情報を改ざんする行為
③ その他、法令あるいは公序良俗に違反し、当校又は他の利用者、第三者に不利益を与える、
 もしくはそのおそれのある行為

第11条 損害賠償
オンラインスクールにおいて、受講生に表示又は提供する一切の情報・教材・テスト・サービス内容等については、
すべて著作権法上の保護対象となって いるため、受講生は事前に当校の書面による許諾なく、
非商業的かつ個人的な目的以外で複製、出版、翻訳、譲渡、貸与等を行うことはできません。

第12条 推奨動作環境
オンラインスクール受講にあたっての端末の推奨動作環境は以下の通りです。
ウェブ・ブラウザで Youtube、Vimeo動画が再生可能なパソコン。またはスマートフォン。

付則:当社は、受講生の承諾を得ることなく、本利用規約の内容を変更することができます。
但し、変更後の利用規約については、オンラインスクール上にて受講生に通知致します。

 

特定商取引法に基づく表示

特定商取引法に基づく表示

 

事業者名

 

 

相武台脳神経外科
所在地

 

 

〒252-0324 神奈川県相模原市南区 1丁目24−14 サンライズ.ビル 1F
電話番号

 

046-258-2728 

公開メールアドレス

 

info@healthacademy.jp 

運営統括責任者名

 

加藤貴弘 

販売価格

当サイトでの表示価格による

 

支払時期

お申込み確定時にお支払いとなります。

 

支払方法

PayPal

 

受講開始時期

当社がお客様によるお申込みとお支払の完了を確認した時点から受講できます。

 

申込の撤回または契約解除に関する事項

商品の性質上、申込後の撤回や契約の解除には応じておりません。

 

必要なシステム環境
[推奨環境(共通)]

 

プラグイン:Adobe Flash Player 10.0.22以降

ブラウザ:最新版の各種ブラウザ

回線速度:500 Kbps以上のブロードバンド環境

 

[PC]

 

OS:Windows 2000以降(最新のアップデートを適用済み)

CPU:500 MHz以上

メモリ:128 MB以上

ビデオカード:64 MB以上

サウンドカード:16ビット以上

 

[Mac]

 

OS:Mac OS X 10.3以降(最新のアップデートを適用済み)

CPU:Intel Core Duo 1.83 GHz以上

メモリ:128 MB以上

ビデオカード:64 MB以上

サウンドカード:16ビット以上

 

[モバイル端末]

 

Android 4.0以降

iOS 5.0以降

 

販売数量の制限、販売条件等

講座によっては、受講できる期間や数量に限定のあるものがございます。

講師プロフィール

  • 近藤 元治

    プロフィール
    <千春会 HPより引用>

    私「近藤元治(こんどうもとはる)」は、昭和11年(1936年)生まれです。

    京都府立医大を昭和37年に卒業、母校の第3内科(増田正典教授)に入り内科医になりました。昭和44年~46年(1969~71年)にかけて米国ハーバード大学に留学し、まだ十分に知られていなかった免疫学の中の「補体学(Complement)」を勉強して帰国しました。

    昭和53年(1978年)に、思いもかけず京都府立医大第1内科の教授に選ばれました。41歳の新米教授は若い仲間たちと新しい教室造りに専念し、医学生教育、オールラウンドに疾患を扱える内科医師の養成に力を尽くすと共に、関連病院への医師派遣で地域医療に貢献しました。最近の流行は、早くから専門性を表示できる医師を育てることですが、それでは「病気を見て患者を診ず」と言われますように、心のこもった医療が出来るはずがありません。そういう意味で、私たちの京都府立医大旧第1内科は、理想の内科学教室だったとの評価を受けています。

    私は人一倍好奇心が強かったのでしょうか、免疫学をきっかけに各方面に研究の幅を広げました。その極めつけが「ハイパーサーミア(ガンの温熱療法)」との出会いで、肝臓ガンに対する「温熱化学塞栓療法」を確立して巨大な肝臓ガンを治癒に導いたことは今でも語り草になっています。

    一般の方への病気の啓蒙にも力を入れ、「ガン告知」「安楽死」「尊厳死」についての分かりやすい講演や、医学生・看護学生・高校生への「エイズ教育」などは、評判になっています。

    このたびご縁があり、京都府長岡京市の医療法人社団千春会(菊地孝三理事長)がJR長岡京の駅前に「千春会ハイパーサーミアクリニック」を平成22年1月に開設するにあたり院長として就任、ガンでお悩みの患者さんやご家族の応援団長として頑張るつもりです。

    趣味は今も続けているテニスとゴルフで、体を動かすことが私にとって健康の秘訣なのでしょう。若い頃には乗馬もしていましたが、最近は馬に接する機会がないのが残念です。室内ゲームでは囲碁が好きで、これはボケ防止に最適です。執筆活動も続けていて、これまでは医学に関する分かりやすいものが多かったのですが、最近出版しました『ドクとイカロスの翼』は、医学から脱皮した新しいジャンルのもので評判になっています。

     

    略歴
    松山東雲小学校 →松山城南中学校 →松山南高校(6期)→京都府立医科大学(昭和37年卒業)→京都府立医大で内科医にアメリカ・ハーバード大学に2年留学 →京都府立医大第1内科教授(41歳)→京都府立医大附属病院長 →平成12年定年退官。現在は京都府長岡京市の千春会ハイパーサーミアクリニック院長。

     

    <以上引用>